HI! ROSE WAVE Chapter2

仕事に恋にバリ舞踊・・・MCタレント広瀬奈美のつれづれダイアリー

藍するブルー

日本の伝統産業である藍。

 

阪神梅田本店では、「藍するブルー 藍の涼感」と題したイベントが開催中です。

 

その中で、藍師の永原レキさんのトークショーがありました。

 f:id:namimimi73:20170805175848j:image

藍染と聞くと、作務衣を着たすんごい職人さんがいらっしゃるかと思いきや、

 

なんと、サーファーのお兄ちゃんでした。(笑)

 f:id:namimimi73:20170805175919j:image

↑レキさん こだわりの藍染めのサーフボード

 

けれど、レキさんは藍と真剣に向き合っていらっしゃいます。

 

徳島県海陽町ご出身のレキさんは、学生時代サーフィンの学生日本一に何度も輝くなど、サーフィンと共に過ごしてらっしゃったんですが、

 

海外などを放浪中に、どの国の人も地元をすごく大切にしていると実感されたそうです。

 

そして、自身の地元を想った時、自然も、歴史も、そして文化もあることに気づき、藍と出会われたそうです。

 

沢山、藍のお話を聞きましたが、本当に知らないことばかり。

 

⚫︎徳島県が藍の生産量日本一だということ

⚫︎藍は、自然由来の染料で、自然にも身体にも優しいこと

⚫︎元々薬効成分があり、漢方などに用いられ、食べられるということ

 

こちら、藍の種のお茶

f:id:namimimi73:20170805201657j:image

 

⚫︎藍四十八色と言われ、藍だけで48の色の種類があること

 

そして、

 

藍は、一度で深い色はでないけれども、重ねていくうちに藍師の魂が込められていく。

 

ということ。

 

レキさんの爪は藍色に染まってました。

でも、熟練藍師の皆さんと比べたらまだまだなんだそうです。

 

さらに、

 

今こそ、この藍を世界に発信したいとも。

 

東京オリンピックのエンブレムは、野老朝雄さんの藍色市松模様のものになりましたが、

 

阿波藍のロゴマークも、なんと野老さんが手掛けてらっしゃっるそうです。

 

いろんな想いや愛が込められたジャパニーズブルーを、世界中に知っていただきたいですね。

 

是非、行進の際のユニホーム、赤や白もいいけど、ナミは藍色押しでいきたいと思います。

 

そやけど、ホント、職人さんってかっこいいわあ。

 f:id:namimimi73:20170805180013j:image

 

 

 

なみ