HI! ROSE WAVE Chapter2

仕事に恋にバリ舞踊・・・MCタレント広瀬奈美のつれづれダイアリー

そういう性格

最近、洋服の断捨離をしていますが、

 

ずっと気になっていたことがあります。

 

それは、母の服です。

 

亡くなって、もう10年以上経つというのに、そのままです。

 

父がどうしても捨てたがらないんです。

 

母が乗っていた車もそう。

 

誰も乗らないのにずっと置いてありました。

 

わたしなら、さっさと売るな。

 

お前は冷たい。

 

が、いつもの会話。

 

 

 

この間まであった乗用車も、

母が買っていいと言ってくれた車だから、

 

と、長いこと乗ってました。

 

 

こんな事なら、生きてる間に仲良くしておけばいいのに。

 

決して仲良くなかった2人を見てきた私は、そう思わずにはいられませんが、

 

夫婦とは、きっと、そうゆうものなんでしょうね⁉︎そうゆうものなんですか。

私にはわからないけど。(笑)

 

 

話は母の洋服に戻ります。

 

父は、着られるのがあれば私が着ればいい、と言うのですが、

 

なんせ、母は144センチしか身長がなく、どの服も子供用かと勘違いするくらい小さいんです。

 

だから、躊躇なく捨てていける。

 

そう思って、タンスや衣装ケースを開けると、

 

出てくる出てくる服、服、服!

 

確かに、いつも「◯◯に来ていく服がない」といっては、新しいものを買っていたけど、

 

同じようなチェックのスカートだけでも10着以上。

 

エプロンもかなりの数。着けているとこなんて、見た事ないし。

 

タグがついて新品のものも。

5号って。誰が着られるの?(笑)

 

とりあえず袋にドンドン詰めていくと、

 

タンスの一番端の一番奥から一冊のアルバムが出てきました。

 

開くと、両親の結婚式と新婚旅行写真。

 

膝上20センチのミニスカートワンピを着た21歳の母がそこにいました。

 

なんで、このアルバムだけ、他のとは別に、しかも服にかぶる形で、端に追いやってあるんだ。

 

服が捨てられない、

 

と言った父がチョットだけ不憫というか、なんというか…(笑)

 

けど、母はこういう人でした。

 

思い出しました。(笑)

 

 

なみ