HI! ROSE WAVE Chapter2

仕事に恋にバリ舞踊・・・MCタレント広瀬奈美のつれづれダイアリー

ほろにが蕗ご飯

今、NHKの時代劇で、みをつくし料理帖をやっています。

 

わたしは、この原作の大ファンなんですね。

 f:id:namimimi73:20170611193732j:image

この小説の舞台は、江戸の食堂なんですが、話の中で美味しそうな料理がたくさん出てきます。

 

昨日、ドラマを観ていたら、ちょうど、ほろにが蕗ご飯の回でした。

 

小説でもかなり食べたくなるのに、実写で見せられたら…。

 

ちょうど、庭に蕗が群生しています。

 

て、ことで作ってみることにしました。

 

塩ずりをして、

 f:id:namimimi73:20170611193757j:image

ゆがいたら水に浸けて、

 f:id:namimimi73:20170611193811j:image

 

皮をむいて、

 

後は、細かく切って、

 

色が変わらないよう、炊き上がり直前に投入して蒸らそう。

 

と、下ごしらえをしていたんです。

 

が、

 

ちょっと目を離したスキに、

 

なんと、父が勝手に切って勝手に投入。

 

おまけに、醤油を入れて炊いているではありませんか( ̄^ ̄)

 

おかげで、

 

爽やかな蕗の色はどこかに消え、

 

ぼやーっとした色の蕗ご飯になってしまいました(涙)

 

「いらんことしんといたら、よかったな。」

 

ほんまやで。と思いながらそこはグッと堪えました。

 

 

なみ

 

 

 

広告を非表示にする