HI! ROSE WAVE Chapter2

仕事に恋にバリ舞踊・・・MCタレント広瀬奈美のつれづれダイアリー

帳尻あわせて

世の中、帳尻が合うようにできているな、と思う。


今朝、5時に目が覚めて、いつも夕方に行っているウォーキングに行くことにしました。


ちょうど、父に熨斗袋を買っておいて、と頼まれたので、


ウォーキングコースにあるコンビニに寄ろうと、


スェットのポケットに、


500玉を入れ、


けれど、万が一何かあるといけないから、と


千円札を一枚追加。


さらにiPhoneを持ってイヤホンをし、


朝から活動的な自分にちょっと酔って、意気揚々と出発。


無事にコンビニについて、熨斗袋と水、そしてお菓子を一つ持ってレジへ。


ところが、ポケットに手を入れると、


五百円玉しかない!


あれ、千円確かに入れたのに〜


心当たりがあると言えば、


聴いていた曲スキップするときに、


iPhoneをポケットとから出し入れ。


あのときに落としたのかも。


トボトボと肩を落として下を向いて歩いていると、


カブトムシが仰向けになってもがいていました。


あんたも、朝から災難やな。


元に戻してあげました。


そうして、間もなくお家だという時、


あ!(((o(*゚▽゚*)o)))千円札!


これは正しく、わたしが落っことした千円です。


これは、絶対カブトムシを起こしてあげたからだな。


よぉし、今日はいい日になるぞ。


さっさと洗濯をすませ、


トイレ掃除をしても、まだ8時。


ああ、なのに、


っと、そこから、記憶がないんですよね…。


たっぷり、朝寝をしてしまい、結局いつも通り。


三文の徳とはなかなかいかず。


どこかで帳尻が合うようになっているんだな、と。


良いことも、悪いことも、どーんとはこない。


ちょっとづつ行ったり来たり。


だから、明日も帳尻あわせながら生きていく。


ナミ













広告を非表示にする